teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


質問

 投稿者:  投稿日:2007年 6月30日(土)12時38分22秒
  こんにちは。無と申します。
サイトを拝見いたしましたが、疑問がいくつかありましたので投稿します。

①神が存在し、神が人間を創ったとするならば、神はいつから存在し始めたのでしょう?

②動物にしても、植物にしても、ペアで存在しています云々とありますが、実際には雄雌というペアが存在する前に(後も)、無性生殖で増殖する原生動物が存在しており、ペアとして存在しなくとも子孫を残すことができるのではないでしょうか?

③各宗教によって神の捉え方が大きく異なるのはなぜでしょう。世界にはキリスト教やユダヤ教のような一神教もあれば、神道のような多神教もある。さらには自然崇拝といったものまであります。神の存在についての真実はひとつしかないはずであるのに、なぜこうも解釈の違いが生まれるのでしょう。

④酸素がある環境では、たしかに人間や大体の動物や植物は住みやすいのですが、偏性嫌気性菌のように、かえって酸素がないほうが都合の良い生物までいます。神が生物を創造したとするならば、なぜ片方の生物には都合がよく、他の生物には都合が悪いといったことが起こるのでしょう。
神がなさったことにしては随分と適当な気がします。

ここまでの質問を読んでくださったならば分かると思いますが、私はいえもりさん自身ややあなたの言っていることが正しいと思っていません。
宗教に嵌ると楽なんですよね。考えることを止めちゃえますから。
でも、考えることを止めたら待っているのは退化だけですよ。
長文・乱文失礼しました。
 
 

re:指摘1

 投稿者:いえもりメール  投稿日:2007年 5月29日(火)12時25分10秒
  オレンジさん、ご指摘ありがとうございます。

進化論はわからないところが多くて、相談できる人がいないかなあと思っていたところです。なにとぞどうぞよろしくお願いいたします。

>後半部分、「生き物の遺伝子を比較することによって、進化の経路(系統樹)を調べることができます。」
>との事については事実であり、可能です。この点には問題はありません。
>問題は「累積淘汰の結果は遺伝子に記録されているので、」の部分です。
>累積淘汰の結果は遺伝子に記録されている訳ではありません。
>あくまで『累積淘汰の結果』としてその『遺伝子』が『出来た』だけです。

了解いたしました。
では、累積淘汰の結果としてその遺伝子が出来ました、という表現にいたします。

ところで、「生き物の遺伝子を比較することによって、進化の経路(系統樹)を調べることができます。」という部分は事実であり、間違いない、とのことですが、

聞くところによりますと、実際のデータから系統樹を復元する場合多くの場合無根系統樹しか得ることができないそうです。

オレンジさんは、どのような根拠で、進化の経路(系統樹)を調べることができるとおっしゃっているのでしょうか?

なにぶん、進化論で言っているままを記述しているので、このあたりのくわしい事情がよくわかりません。

なにとぞご教授くださいませ。
 

指摘1

 投稿者:オレンジ  投稿日:2007年 5月29日(火)06時38分15秒
  こんにちは。
以前の投稿からずいぶん(約一ヶ月もの)間が空いたことをお許しください。
では、お約束していた”ダーウィン進化論”のページにおける記述に関して述べさせてもらいます。

①確認
まず始めに確認しておかなければならない点として、
この”ダーウィン進化論”が「自然科学」であるということがあります。
この「自然科学」である、ということは非常に重要であります。
”ダーウィン進化論”が自然科学である以上ここに主観をはさむことをしてはなりません。
理解の助けのために、そういった手法を用いることは有効ですが、
あくまでそれは学びや推察のためであり、科学的根拠としてはなりません。
この点においては納得いただけると思います。

②指摘
では、今回1つの記述について指摘させてもらいます。
それは「1、進化は累積淘汰によって実現する。」の項における
「累積淘汰の結果は遺伝子に記録されているので、生き物の遺伝子を比較することによって、進化の経路(系統樹)を調べることができます。」
との記述についてです。
後半部分、「生き物の遺伝子を比較することによって、進化の経路(系統樹)を調べることができます。」
との事については事実であり、可能です。この点には問題はありません。
問題は「累積淘汰の結果は遺伝子に記録されているので、」の部分です。
累積淘汰の結果は遺伝子に記録されている訳ではありません。
あくまで『累積淘汰の結果』としてその『遺伝子』が『出来た』だけです。
別に今までの経緯が遺伝子上に記録されているわけではないのです。
ちなみに、系統樹の作成は、その遺伝子の『一致率』を用いて行います。


よってこの部分
「累積淘汰の結果は遺伝子に記録されているので、」
を削除いただくようお願いいたします。

また、「自然科学」についての文章を書く場合、
「①確認」の部分を踏まえてお書きになるよう助言いたします。
 

(無題)

 投稿者:いえもりメール  投稿日:2007年 5月25日(金)12時56分36秒
  素人さん、ご投稿ありがとうございます。

原理講論も読んでくださっているのですね。ありがとうございます。

でも、面倒くさいで片付けてしまっては、大事なことを知らずにいらっしゃるかもしれませんね。

「世界が、生物が、人が生まれた事に意味なんかありませんよ。」とおっしゃっているということは、意味を考えていらっしゃるのですね。

でも、この世界が存在するのはなぜですか?という質問は、
起源を聞いているのです。

どこからこの世界は出現したのですか、ということです。
 

なし

 投稿者:素人  投稿日:2007年 5月24日(木)22時23分36秒
  はじめまして。
サイトを読ませて頂きましたが、この掲示板の中身の方がよほどいい内容ですね。
サイトの方は原理講論でも丸コピーした方がいいんじゃないですか?
面倒くさそうですし。

世界が、生物が、人が生まれた事に意味なんかありませんよ。
しかし神が生まれた理由だけはあります。
何故なら世界にあるものの中で唯一、「概念」だけは人間が生み出したものだからです。
人間は、わけの分からないもの全てに理由をつけたがります。
理解できない事に興味と恐怖を覚えるからです。
ある人は現象を科学的に解明しました。
ある人は目に見えない何かのせいにしました。
後者が、神という概念であると考えています。
全知全能の存在なのだから考える事さえ放棄できる、都合のいい存在ですよね。
これで考える事は放棄できるようになった。
神の概念が存在するものとして疑わなくなるわけです。愚かにも。
ところが今度は逆に、「神は何故人間を作りたもうたのか」という問題に直面する事になった。
原因と結果が入れ替わっている事にも気付かず、無駄な議論をするのはあまりに愚かです。
まだしも、他人を巻き込むなど問題外であると言わざるを得ません。
 

re:挨拶とお願い

 投稿者:いえもりメール  投稿日:2007年 5月 1日(火)12時51分23秒
  オレンジさん、ご投稿ありがとうございます。

ダーウィン進化論の件、どうぞよろしくお願いいたします。

このサイトでは、ダーウィン進化論を鵜呑みにせず、再考しています。
ダーウィン進化論が正しいかどうかも含めて、考えていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。
 

挨拶とお願い

 投稿者:オレンジ  投稿日:2007年 5月 1日(火)08時01分11秒
   はじめまして、私はオレンジという者です。このサイトを拝見して幾つかの誤った記述があることに気づきました。なので、ここに指摘させていただこうと思います。
これはインターネットという半公共的な場において誤った記述があるのは学ぶものにとって非常に危険なことであるためです。
これらがすべて一個人の範疇においてならば一切構わないのですが、そうではないのです。
私が指摘したいのは「ダーウィン進化論」についての記述です。
どうやらいえもりさんは“ダーウィン進化論”及び“論理”に対し幾つかの誤った解釈があるようです。
今回はご挨拶ということで書き込ませていただきました。
次回より数回に分けて指摘させてただこうと考えています。
また、私自身にも確信の持てない部分もあるのが実状ですので、明らかな部分について指摘させていただきます。
そして、この指摘を踏まえ、「ダーウィン進化論」の項を改変していただくことを切にお願い申し上げます。
繰り返します。学ぶものにとって誤った記述は非常に問題となります。
以上のことをご理解いただけると信じて・・・。
 

(無題)

 投稿者:いえもりメール  投稿日:2007年 4月15日(日)07時54分14秒
  人間さん、どうもありがとうございます。

>しかしながら、そこはもう人知の及ぶ所ではないでしょう。
>人の存在意義とは何か。
>そもそも生命体の存在する目的は何なのか。

そう、これが宗教のテーマです。

人間さんは、目的と存在とどちらが先にあったと思いますか?
目的がなければ生命などというものが存在するようになったでしょうか?


>魂と言う物があるとするならば、肉体とはなんと不完全な存在でしょうか。
>食べねば死ぬ、他者を殺し奪わなければ生きてはいけません。

まったくそうですね。
でも、これだけでは、人生の起源を考えていないので、人生を語り尽くすことは出来ないわけです。


>何万年と代を重ねて進化してきた肉体。
>繰り返されるフォトンや地球の環境変化によって、より過酷な状況に対してより強い生命体がその度に繰り返し生まれてきた事実。
>全体の流れから見えてくる真実とは、おそらくは進化であると個人的には思います。

これは生命が生まれてから後の話。生命が生まれた理由にはなっていません。


>魂と言う物が存在するのであれば、微生物や小動物から人へと魂は移り、より感情に溢れる人間のその喜怒哀楽によって魂はより洗練され進化しているのではないかと思います。
>憎しみや恨み、悲しみや絶望と言ったその感情の全てが必要なのではないかと個人的には思います。

なぜ魂は存在するのだと思いますか?
魂の存在の起源は何ですか。


>いえもりさん、貴方がどれだけ頭が良くても、貴方も含め人間は単細胞どころか微生物の一つも無から作り出すことは出来ないのですよ。

そうですね。
でも、これらは厳然として存在している。
それがなぜかを考えることです。


>人は所詮、人以上にはなれない。
>しかしながら、唯一知る事が出来る。
>それは貴方が言う神云々の夢物語ではなく、もっと現実的でリアルな物であると個人的には思いますけどね。

人間さんは、私が観念的な神について語っていると思っていらっしゃるようですが、
私が言っているのは、現実世界を作り出した主体者としての神です。
神が存在しなかったならば、この世界も存在していない、ということです。

人類が観念的な神しかわからなかったのは過去の話です。
観念的な神しかわからず、神の存在がわからなかったのは、とうの昔の話なので、
人間さん、勉強が必要ですよ。
 

(無題)

 投稿者:人間  投稿日:2007年 4月15日(日)00時05分19秒
  神の愛云々を語る神の代弁者たる者が、たかだか一凡人の投稿の文章に対して削除の行為とは案外器量の小さな方ですね。
自分が肉の体を持って生きている意味とは前にも言った通りですよ。
【過去の文章】
時間の流れと因果関係は密接な関係にあるように、生命体の時間もまた大きな時間の流れの上にある。
人の歴史を振り返って見ても、争いは繰り返され、愛の為に平和の為に正義の為に奪い合い憎みあい殺しあう。
自然災害から始まり、最終的には人同士で争い一つの文明が幕を閉じる。
時間の流れは円滑では無く螺旋、形は違えど重なり合う部分は同じような出来事が起こる。
高い知能と大きな脳が在りながら、学ばぬ生命体。
地球上の食物連鎖の中に唯一属さない人間、それでは人の存在意義とは何か。
そもそも神とは何なのか。
過去に人が崇めた神とは、おそらくはラブロックが唱えた説が当てはまるようにも思う。
ならばこの星は誰が作ったのか、現代で言えばアカシックレコード、すなわちこの宇宙の意志そのもの。
しかしながら、そこはもう人知の及ぶ所ではないでしょう。
人の存在意義とは何か。
そもそも生命体の存在する目的は何なのか。
魂と言う物があるとするならば、肉体とはなんと不完全な存在でしょうか。
食べねば死ぬ、他者を殺し奪わなければ生きてはいけません。
何万年と代を重ねて進化してきた肉体。
繰り返されるフォトンや地球の環境変化によって、より過酷な状況に対してより強い生命体がその度に繰り返し生まれてきた事実。
全体の流れから見えてくる真実とは、おそらくは進化であると個人的には思います。
魂と言う物が存在するのであれば、微生物や小動物から人へと魂は移り、より感情に溢れる人間のその喜怒哀楽によって魂はより洗練され進化しているのではないかと思います。
憎しみや恨み、悲しみや絶望と言ったその感情の全てが必要なのではないかと個人的には思います。

いえもりさん、貴方がどれだけ頭が良くても、貴方も含め人間は単細胞どころか微生物の一つも無から作り出すことは出来ないのですよ。
人は所詮、人以上にはなれない。
しかしながら、唯一知る事が出来る。
それは貴方が言う神云々の夢物語ではなく、もっと現実的でリアルな物であると個人的には思いますけどね。
 

(無題)

 投稿者:いえもりメール  投稿日:2007年 4月14日(土)06時58分0秒
  人間さんからのメールの一部抜粋(特定団体名に関する部分は削除)

>権利や法律、善悪などは人間社会のみで通用する事柄だけに過ぎないですね。
>全ての生命体において共通する点は、他者を食らい生きる事。
>これ以外に他はないですね。
>いえもりさん、貴方も含め宗教に携わる人間も今現在動物の肉を食らい、
>車に乗り排気ガスを撒き散らしているのでしょう?
己自身、公害に加担していて公害によって重病になった人間に対しても、
>神の愛などと語るのですかね。
>天然資源を食らい尽くし、大気を汚染し、決してそこには届かぬ偽りの募金活動をし、
>それでいて神の愛ですか?
>統一教会の崇める神は、良く出来た神ですね。

人間さんは頭がいいからこそ宗教はビジネスだと諭してくださっているのでしょう?
でも、あなたのお答えは、私が先に言った「生きていれば楽しいこともあるじゃないか」
という項目にすべて含まれてしまっているではないですか。
これでは答えになっていないんですよね。

あなたのお答えは「生きているからこそ出来ること」ばかりです。
「生きている」という中に全部含まれています。

私が聞いたのは、そもそもなんで存在しているの、ということです。
 

(無題)

 投稿者:いえもりメール  投稿日:2007年 4月13日(金)08時18分17秒
  人間さんからのメールの一部抜粋(特定団体名の部分は削除)

>お久し振りですねいえもりさん。
>相変わらず机上の空論を唱えて信者集め及び資金集めの活動に熱心のようですね。
>いえもりさん、貴方が何を言っても宗教は神と言う名の商品を掲げ金銭を巻き上げるビジネスだと言う事は現実なんですよ。

>宗教はもはや党の組織票及び資金源であるのはマスコミ関係者も知っている現実ですよ。
>いもりさん、貴方は確か統一教会の人間でしたよね?
>その辺りはどう言ったご説明をされるのですか?
>教本と言ってもただの印刷物に書かれてる事柄が、さも全て真実であると本当に思ってるんですか?
>もしそうだとしたならば、それはそれである意味幸せなのかもしれませんね。


人間さん、お久しぶりです。
宗教の目的をいまだにわからずにいらっしゃるようですね。
それでもお元気で生きていらっしゃるご様子、生きる力をあなたに与えてくださっている神様の無償の愛を感じますね。

人間さん、ひとつお聞きいたしましょう。
「あなたはなんで生きているんですか?」


人間さん、この質問を見て、あなたは、失礼なことを言うな、と思ったかもしれませんね。
おれにだって生きる権利はあるんだ、と思ったかもしれません。
あるいは、生きていれば楽しいこともあるじゃないか、と考えたかもしれません。


しかし、私が聞いたのは、あなたがこの世に存在するようになった理由のことです。
私があなたにしてあげられることはこれしかありません。
すなわち、あなたがどうしてこの世界に存在するようになったのかという、
理由を教えてあげることしか、してあげられることはありません。
 

(無題)

 投稿者:いえもりメール  投稿日:2007年 4月 4日(水)17時41分49秒
  >男と女、雄と雌、天と地、ペアの存在、その他モロモロ・・・この対比対象を神が作った法則である
>というのは誰にも証明できないと思いますので、その系統のお話というのは説得力に欠けると思います。

ここのところが、悟る必要のあるところです。
神が作ったものではない、すなわち、誰が創造したものでもない、ということは、
偶然にペアになった、ということを意味するわけですが、
果たして、偶然でペアになれるかどうかが問題です。

そうすぐには合点がいかないかもしれませんが、じっくり考えてみてください。

神の天地創造の目的は、これがわかってから考えればよいのではないでしょうか。
 

私も賛成

 投稿者:神なんてメール  投稿日:2007年 4月 4日(水)16時37分46秒
  わたくしは神の存在もですが、その教えが何処から来たのか疑問です
神があーした こーした こうゆう風にしなさい だとか
そんな事はどこから来たのでしょうか
昔の言い伝えとか 昔からある書物とかですよね
それは直接神から聞いたのですか?
大昔は神と直接対話できたのでしょうか?
現在は出来ない?ですよね
神はこの世を作って死んだの?
 

「神とはいったい」を見た感想

 投稿者:Human  投稿日:2007年 4月 4日(水)11時32分1秒
  当サイトにそぐわない内容で恐縮なんですが、正直に書かせて貰うと個人的には
神様の存在は信じていません。理由は存在しないと思っているからです。
と言うか、存在する確信が持てないと言った方が良いです。

でも、神様を信じてる人はいったい何人くらい日本にはいるんでしょうか?
その殆どは単なる神頼み的な発想しかないんだろうと思います。
試験の前だけ拝む人とか、正月だけ拝む人とか(爆
それで願いが叶うならイラクで戦争なんか起きないし、あれだけ人も死なないと思います。

神が存在しないと言う説明は出来るけど、存在すると言う確たる証明は今もされていない
のが本当のところであって、信じたい方が独自の理論で話を展開しているだけにしか思えないです。
ただ、信じてる人を馬鹿にする気も全くありません。何を信じようがそれは人の自由ですし。

神様がなぜ人間をおつくりになったのか?とBBSの文中にありますが、なぜそう思えるのか
私には不思議です。何故そうだと決まってるんでしょうか?
その根拠が誰(人間)にでも分かるようでなければ、永久に理解できないですよね。

男と女、雄と雌、天と地、ペアの存在、その他モロモロ・・・この対比対象を神が作った法則である
というのは誰にも証明できないと思いますので、その系統のお話というのは説得力に欠けると思います。

>最後に、何故神様が存在しないと思うかその理由を書いておきたいと思います。

私が貴女に名前を尋ねたとしますね(当然、当てずっぽで)
貴女は山田洋子さんですか?

当てずっぽですから普通は、ほぼ外れますよね。ですから答えは「NO」となります。
偶然にまぐれで当たった場合は「YES」。と答えることになりますね。

では神様が宇宙を作ったり、人や動植物を創造された。という根拠を誰か証明できますか?
と不特定多数に質問した場合はどうでしょうか、絶対に答えは返ってこないはずです。
何故なら、誰もそれを証明して立証できないからです。

つまり「YES」でも「NO」でもない想像上の答え、要するに分からないとしか答えようのない答えを
神様に例えてみても、それが存在し万人に認められるという根拠にはなり得ません。

ただ人間が知らない未知の物質や現象が沢山あることも事実です。でもそれは
人間が知らないだけで、その未知の現象や結果が神の意志であり存在であるとは
言い切ること自体人間には出来ないはずです。

と言うのが、神様が存在しないと思う一番の理由です。
 

人工世界論

 投稿者:いえもりメール  投稿日:2007年 3月31日(土)22時20分54秒
  人工世界論の神の存在証明はとてもよく出来ていると思います。ただ、善悪の最終決戦は疑問に思うところがあります。

http://homepage2.nifty.com/sinseigingateikoku/

 

re:疑問

 投稿者:いえもりメール  投稿日:2007年 3月17日(土)15時51分57秒
  雌雄の区別のつかない下等生物の段階においては、当然雌雄という観点ではなく、もっと低レベルでの相対的関係が存在します。

すべての生物に共通している相対的関係としては、遺伝子における二重螺旋構造を挙げることができるでしょう。
アデニン、グアニン、シトシン、チミンの4種類の塩基からなるDNAは、アデニンとグアニン、シトシンとチミンがペアを組んでいることによって、初めて遺伝情報を伝達することができます。
 

疑問

 投稿者:dog  投稿日:2007年 3月16日(金)18時13分36秒
  初めて投稿します。
まだ文章をすべては読んでいないのですが、微生物等の下等生物のレベルでは雌雄の区別が無かったり、雌雄が変わる生物、またどちらの性も併せ持つものもいます。
それらはどういうことなのでしょうか?
 

re:神の性質

 投稿者:いえもりメール  投稿日:2007年 2月20日(火)19時36分53秒
  それは真の愛です。

神様がなぜ人間をおつくりになったのか、考えてみたことはありますか?

人間は「愛する対象」として創られたのです。

それが人間は神様の子供だという意味です。
 

神の性質

 投稿者:ad555552003メール  投稿日:2007年 2月20日(火)16時42分4秒
  神を信じる人にとって、人間が子供とすると
神の一番の性質すなわち親の性質を受け継ぐことだと考えています。
神の最大の性質は何でしょうか?

http://blogs.yahoo.co.jp/ad555552003/44805994.html

 

re:宇宙の真理

 投稿者:いえもりメール  投稿日:2007年 2月18日(日)15時07分43秒
  >まずは神の愛を知る事が、最重要課題でまた、「愛」とは何かを」知る事こそ、真理なのです

まったく同感です。


>そして今、「最後の審判」が始まります

もともと神様がお創りになったこの世界において、最後の審判のある理由は何なのですか?
 

レンタル掲示板
/34